• ホーム
  • Googleアップデートの歴史と対策

Googleアップデートの歴史と対策

検索エンジンの最大手Googleが今日の地位を築いて来るプロセスは、Googleアップデートによるアルゴリズムの更新の繰り返しでもあったと表現しても過言ではないでしょう。検索エンジンにとっては有益な情報を獲得する場を提供することで、日常的に情報収集のインフラとして昨日させることで検索ユーザーの目に広告宣伝を目にしてもらうことで収益が上がることにつながります。

一方で検索エンジンで上位表示結果を獲得することは、WEBマーケティングにおいてコンバージョンを得ることに直結するので、いかなる手段を駆使してでも検索結果上位表示を狙いたいとの強い願望を抱いています。そのためインターネットでロボット型検索エンジンが登場して以降は、不正な手段を弄してでも、検索順位を上位表示をもくろむ鋭利業者とその対策に頭を悩ます検索エンジンとの長きにわたる戦いの歴史でもあったと表現することができます。そこで代表的なGoogleアップデートを紹介し、SEO対策の歴史を振り返ってみましょう。

ペンギンアップデートやパンダアップデートはいずれも、不正な被リンクやクオリティの低いコンテンツの検索順位を下げることを目的にした、Googleアップデートの代表的なものです。ペイデイローンアップデートもほぼ同様の趣旨で実施された、Googleアップデートと評価できるでしょう。ペンギンアップデートやパンダアップデートの影響で、スパムリンクや低品質のコンテンツやワードサラダなどのブラックハット的SEOの効果はほぼ否定されるにいたりました。ペイデイローンアップデートではWEBスパム的リンクが標的になり、検索順位が下落したと推測されています。また著作権侵害自称が多いことから実施されたのが、パイレーツアップデートになります。パイレーツアップデートの結果、デジタル著作権侵害を伴うページの検索順位を下げて正規の著作権者のURLを上位表示させるなどの順位変動が見られたようです。

GoogleアップデートのなかにはSEO対策の側面よりも、検索ユーザーの利便性を高める為の目的で実施されたものも存在します。代表的なものにハミングバードとドメインダイバーシティのアップデートを指摘することができます。ハミングバードのGoogleアップデートでは、検索クエリの字面だけではなく検索意図も推認して検索結果を表示することが可能になっています。またドメインダイバーシティアップデートの結果、複数のドメインからの検索結果が表示されることになり、同一ドメインのURLの検索結果で独占される状態は解消したとされているのです。