• ホーム
  • 被リンク対策は業者にお願いした方がよい?

被リンク対策は業者にお願いした方がよい?

パソコンを使っている女性

現在の検索大手のGoogleにおいて検索結果上位表示を狙うためのSEO対策において主要な地位を占めているのは、コンテンツ内容の充実と自然なバックリンクを数多く獲得することにあります。しかしコンテンツの充実に努めて品質も上げるためには、それなりの時間と労力必要とします。新規ドメインなどを利用した場合には、そもそも検索エンジンにインデックスしてもらうまでに一苦労します。費用体効果を考慮すれば泉温外の自社スタッフでSEO対策を実践するよりもむしろ、外部SEO業者に依頼したほうが本業への悪影響もすくないので利用するべき選択肢とも思えます。それでは被リンク対策のために業者を利用するのは、賢明と言うことが出来るのでしょうか。

確かに被リンクの数さえそろえれば、Googleでは品質をさほど問題にしないアルゴリズムを運用していました。たとえリンク籍には相互リンクのためのリンク集などからの被リンクであっても、数さえ揃っていれば検索順位上位表示を狙うことも可能でした。SEO業者が隆盛を極めていた頃は、リンクを有料で購入したり、リンクファームに登録したり大量の発リンクを張ったページを用意して被リンクを獲得するなどが横行していたものです。しかしペンギンアップデートやパンダアップデートの結果、被リンクの品質も検索エンジンの重要な評価指標と認識されるようになっているのです。

従来SEO業者が採用していた対策の多くは妥当性を喪失しています。被リンク対策の実績を喧伝している業者の場合は、アルゴリズム変更前の経験を前提にしている可能性があります。

もっとも外部SEOを取り扱う業者のなかには、Googleガイドラインに準拠するホワイトハット的手法で実績をあげているものも存在しています。効果的なSEO対策を実践できるかの見極めは、費用対効果のほかに現行のGoogleアップデートを前提にしたSEO対策なのかを事前に確認することです。ガイドライン違反のリンクファームなどのブラックハット手法を採用する業者を利用すると、ガイドライン違反のためペナルティの適用を受けるリスクがたかくなります。品質ガイドライン違反を理由にぺナルティを受けるとインデックス排除されるリスクもあるので、SEO対策どころではなく費用対効果の面でも到底利用価値を見出すことは出来ないでしょう。外部SEO業者を見極めるには、ガイドラインに依拠した手法で、現在でも実績の積み上げの経験のあることが重要なポイントになります。