動画のSEOの効果

検索ユーザーは何らかの疑問や問題点を解決するための情報を求めて、検索エンジンを利用しています。キーワードを切り口に検索クエリに記入する以上、問いに対する解等はテキストが中心になるのは当然のことです。テキストが検索エンジンでの評価基準においても、大きな比重を占めているのは確かなことです。そこでコンテンツ拡充を目指すSEO対策においても、テキストを主軸に対策を立てるのが中心になるはずです。ところが最近ではYouTubeなどの動画をコンテンツに含んで配置することが増加しています。

YouTubeといえばデジタルネイティブな世代を中心に高い人気を得ていますが、バラエティ豊かな内容を含んでいるので幅広い年齢層から満遍なく人気をあつめているメディアです。このようなYouTubeなどの動画メディアの人気の高まりを反映してか、近年では動画を含んだコンテンツは、テキストや画像を配置しただけのコンテンツに比較しても高いSEO効果を見込めると推測されているほどです。ある調査結果によると動画を含んだコンテンツは、約53倍の確率で検索結果第一位で表示させるとの調査結果も報告されています。

ところがここで興味深いのが、Googleの技術スタッフは全く逆の見解を提起しており、動画コンテンツを掲載しても、それだけを原因として検索順位の上位結果表示にはつながらないと公言している点にあります。もっともこの発言もよく読めば、動画を掲載することが直接のSEO効果をもたらさないと発言しているに過ぎません。Googleの200以上存在するとされている検索アルゴリズムのなかには、動画コンテンツを排除するとの評価基準が現段階で運用されていることもないことを踏まえれば、決してSEO効果がないとまで言うのは適切ではないと考えることが出来ます。大前提としてテキストによる良質なコンテンツの裏づけがあって、ユーザーにより理解を深めるために、YouTubeなどを含めr糊塗にはSEO効果を見込めることが出来るでしょう。メタディスクリプションにも表示されることで、クリック率の上昇を期待することも叶います。

ただし注意が必要なのは動画はそのまま掲載すると、容量が大きくなるのでサイトの表示速度が遅くなってしまう可能性が高いことです。クリック率をあげても、表示速度が遅すぎれば直帰率がむしろ上がってしまうことが懸念されるところなので動画をアップする際には、容量を圧縮することを忘れないことが必須と言えます。