• ホーム
  • リスティング広告とは何か?

リスティング広告とは何か?

WEBサイトを運営することでWEBマーケティングを実践する管理者諸氏にとって、最終的にはBtoBビジネスの場面では問い合わせを指向し、BtoCnの場面では売買などの集客といった目に見える形のコンバージョンを目的にしているはずです。このような場面で有力な選択肢になるのがリスティング広告になります。リスティング広告とは、検索クエリに応じて検索結果表示の際に表示される広告のことを指しています。実際の検索順位最上位を上回る位置と一番下側に表示されるのが特徴です。

検索結果のトップに表示にされることからWEBマーケティングにおいては、有力な広告宣伝方法として認識されてきた経緯を持っています。検索キーワードに密接に関連するだけに、通常の検索キーワードに比較するとクリック率が高い傾向があります。検索連動型広告の名前でも知られており、Yahoo!プロモーション広告やGoogleのGoogleAdwordsなどが代表的です。

簡単に代表的なリスティング広告の概要を御紹介すると、Yahoo!プロモーション広告は掲載するための初期費用は無料で、月額費用は3万円~(税別)になっています。GoogleAdwordsでは月額入札額を掲載主で自由に決定できるのが特徴で、予算に応じたリスティング広告が可能です。

ところでリスティング広告が一般的なSEO対策と大きく異なっているのは、掲載表示するための順位をコントロールできる点です。これに引き換えSEO対策で順位で上位表示を獲得するには、キーワードの選定に始まりコンテンツの充実や自然なバックリンク獲得など多くの労力を投入してもなお、確実な成果を実現することは困難です。この点、リスティング広告では費用が必要な分、確実にトップページに表示されるのが大きく異なっています。しかしキーワードの検索ボリュームなどに応じて入札金額が変動するので、検索ボリュームによっては高額な掲載費用が必要な場合もあるます。

そしてリスティング広告の特徴はその課金製にあります。クリックされて始めて料金が発生し、湾クリックごとに単価が設定されています。クリック費用の詳細は広告主が自由に設定した入札額と、広告の品質などに応じて単価は変動するわけです。リスティング広告は入札形式で採否が決まるのも他の広告にはない特徴を持っています。当然のことながら検索ボリュームが大きいキーワードになるほど落札には高額な金銭が必要になります。